CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
アラスカから

ライモン宛てに届きました☆

アラスカが恋しい...



| alaska | 16:19 | - | - |
オーロラを見る旅のブログ
今回の旅行はこちらのブログにまとめようと思います。
↓よろしかったら、のぞいてみてね猫 
Thunder Egg 旅ブログ




| alaska | 06:47 | - | - |
英語漬け?
急遽宿泊先の手配をしているのですが、
どこかに泊まるとなると、色々な要望が出てくるもので...

山のようにある宿泊先のwebサイトを一つ一つ確認。
場所や価格と気になるのは雰囲気!
だって、高価な宿はたくさんあるけれど出会いが大事な旅だからね。
そして、アクティビティーはケチらないぞ!
日本でできないことに挑戦したいものね(^^)

その一つが犬ぞり。
これは日本人マッシャーさんにお願いしようと思う。
すごい人なんだよ。
知り合いの知り合いってことで、連絡先をゲットできました。
行くまでに著書を読んでおかないと。

夜な夜な気になる宿には、たどたどしい英語でE-mail。
読むことには慣れると早いんだけれど、書けない。
漢字読めるけれど書くとなるとアレ?って出てこない感じ。
こんなときにはもっと勉強しなくちゃって思うのだけれどね。
英語漬けしなくちゃだめだね、きっと。

さ、早く決めないと出発が近いぞぉ。




| alaska | 07:39 | - | - |
ライモンの大冒険 迷い編
大変です。
アラスカのおじいちゃんの奥さん(おばあちゃん?)が手術するという連絡。
アラスカ訪問と時期が重なるため、ごめんねというメール。

滞在先はどこでもいいんだ。今から探せばいいんだから。
でも、奥さん心配だよ。
おじいちゃんに会うのが目的だから、それも残念で仕方ありません。

どうしよう?
行く?中止にする?
そんなことを昨夜から家族会議。
でもね、休みもなかなか取れないし、航空券のキャンセルは高いからね...
格安航空券だと日程変更もできない。

おじいちゃんは奥さんに付き添ってシアトルにしばらく滞在するらしい。
ちょうど、アラスカに向かう途中でシアトルでトランジット。
10時間近く時間がある。
航空会社に確認したら、入国審査後は空港から出ることも可能。
だから、シアトル観光を予定していたけれど、これをお見舞いに変更すれば
おじいちゃんに会えるチャンスもある。
そうしょう!

という結論に達した。

あと2週間もないけれど、今から宿泊先を探さなくちゃ。
ライモンの大冒険
悩むこと迷うことが多いけれど、これも旅にあること。

以前、旦那とヨーロッパアルプス周辺で、
よく分からない村に一泊したことがある。
天気の関係で予定していた山に入れなくなったとき、
タクシーに拾われて、知らない村に止まった。
翌朝、山へのゲートが開くという情報でタクシーが迎えに来てくれて目的地に向かった。
ぼったくられた訳でもなく、安くもなく、普通の宿泊施設だったけれど
料理はべらぼーに美味しかった。
「いったいあそこはどこの村だったの?」
今でも旦那と不思議がる。
それも旅の思い出。

いろんなハプニングが旅をスパイスの利いたものにする。
そう考えればいいんだよね。

ライモンを連れて行くことは少し心配だけれど、もう5歳だし。
この歳まで待ったのは、記憶に残したいということと
体のことが心配だったから。
耳が強くないライモンは飛行機が心配。
ま、鼓膜の破れている私よりは正常かもしれないけれど
子供だからね〜。

問題は一つづつ解決していくことにします。



| alaska | 01:01 | comments(0) | - |
ライモンの大冒険 決意編
私の夢の一つが
「私が見た素敵なものを家族に見せること・一緒に体験すること」
です。

私は学生時代に色々な経験をさせてもらいました。
感動したことやもう一度見たいって思うことは自然科学的なことが多いのだけれど
・オーロラ
・流れる溶岩
・宝石の砂浜
・英国の自然史博物館
・鉱物採集
・断層見学
・流星
これらはライモンと旦那にも見せたいなぁって思ってる。

だから、流星群がピークですとか情報を得ると夜中でもライモンと一緒に出かけてしまう。

色々なタイミングを考えて、来月、オーロラを見に連れて行くことにしたの。
アラスカのフェアバンクス。
私がかつて一人旅で出かけたところ。
正直、今考えると、一人でよく出かけたな〜と思う。
インターネットで宿探して、アポとって、知る人なんて一人もいないのに。
「オーロラを見に行く!」と言い出した私に
かつて彼だった旦那はソレルのブーツをプレゼントしてくれた。
プレゼントしてもらったら、ますます行かねばならない!的な感じだったかもしれない。

今回は知り合いがいる。
かつての旅行でお世話になったおじいちゃん。
私が家族を連れて行くことを楽しみにしてくれている。

ライモンにとっては何時間も飛行機に乗る、氷点下の世界で過ごす。
立派な冒険だ。
英語だってどうだろう?
心配がないわけではないけれど、今でしかできないことは今やらないと。
物事にはタイミングってものがあるからね。

さあ、冬用品を引っ張り出さなくちゃ!





| alaska | 11:29 | comments(0) | - |
| 1/1PAGES |